知らない人について行ってみた。

突然ですが、私は知らない人によく話しかけられる。

例えば、社会人1年目で綱島に住んでたとき。

東横線に乗っていたら知らないおじいさんに手を握られ、渋谷に着くまで話かけられ続けた。(これは今思うと事件性があるかもしれない)

ある日、高円寺からバスに乗ったらおばあちゃんに世間話をされた。

これはとても和んだ。

原宿駅で外国人観光客に「新宿までいくらかかる?」みたいなことを聞かれたり。

このとき、英語で130円が言えなくて指差してたら、声が出ない子だ思われたのか、外国人の方に逆に気を遣わせてしまった。

英語を勉強しようと思った。

あとは今住んでるところに住み始めた時に、近くにあるらしい大学までの行き方を聞かれた。

土地勘がなさすぎたので「わたしも分かりません」って答えた。

こんな感じで不特定の場所でいろんな人に話しかけられる。

でもおかしなことがあった。

ある場所に行くと必ず話しかけられる事案。

そのある場所というのは渋谷にある元マルイ、今はモディという商業施設。

モディの本屋に行くと必ず声をかけられる。

今まで3回ほど声をかけられた。

1回目は大学生の男女。友だち同士だという。

突然、「おすすめの本ありますか?」と聞かれた。

ていうか誰!?って思ったけど、そのとき読んでいた夏の庭という本を勧めた。

そしてなぜかその場のノリでラインを交換した。

その後、女の子の方から「ごはん行きましょう」みたいな連絡がきたけど、急に冷めて放置。そして削除した。

2回目は神木くんの写真集お渡し会のとき。

整理番号が前後だった。しかも同じ業界だった。

ということもあり、1回目のお渡し会のあとにお茶をして、2回目のお渡し会まで一緒に待った。

初対面なのに初対面とは思えないフランクさで長時間一緒にいた。

名刺交換してその後、会社のアドレスにメールがきた。

わたしはプライベート関連の連絡に対して全然マメじゃないから放置して、フェードアウト。

3回目、社会人の男女に声をかけられた。

プレゼントを探しているらしく、おすすめのお店を聞かれた。

ていうか誰!?って思ったけど、とりあえず近くの商業施設をすすめた。

話をきくと女性は同じ業界の人だった。

女性にごはん行きましょうと誘われたので、とりあえずその場のノリでラインを交換。

今まではライン削除とか塩対応をしてきた私だけど、さすがに同じ場所で同じようなことが続くなんてなかなかないし、試しにごはんに行ってみようと決心。

本屋での出会いから1ヶ月後ぐらいにランチをすることに。

当日は猛暑の中、迷子になりながらなんとかお店にたどり着いた。

ランチしながらいろいろと話したけど、これから友だちになるわけでもなく、仕事関連の人でもなく、これから関係が深まるとは思えない本当に知らない人と話すのってこんな気持ちになるのかと身をもって学んだ。

そして話す内容とか、話し方、身なりや持ち物でなんとなく人って分かるなぁとも思った。

その人はいろんな業界の人が集まる集会?みたいなのに行っているらしい。それは平日の夜に定期的にあるらしい。

仕事終わりは直帰したい。仕事終わりに知らない人とワイワイやれるなんてアクティブすぎる。苦手とする催しだわ。と思っていたら、その謎の集会に誘われた。

私はこのランチでさえ心が無になったんだから、これ以上の集団と話すのは無理だと思った。

その思いをラインでつらつらと書いて送るのもなぁ、、と思って静かにラインから削除した。

…そんなひと夏の経験をへて、知らない人についていくのはもうしないと決めた。

子どもの頃にきいた「知らない人についていくな」という大人の教えは正しかった。

モディの本屋が好きなのに、また声をかけられるかもしれないと思うと自然体でいけない。

本屋はどうか安らぎの場であれ。

おわり。


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square